2005年04月29日

靖国参拝訴訟 憲法判断せず「門前払い」に 東京地裁

引用サイト
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050427-00000006-maip-soci




これによると韓国人が日本の首相が『靖国参拝』することによって一人三万円の賠償金と違憲を訴え、棄却されたそうです。



まあ、あたりまえの話ですけど。




これについて石原都知事は「靖国神社へは一人の日本人として戦没者への敬意と追悼の意を表すために参拝している。それを公的とか私的とか区別することには意味がなく、差し止めを求めること自体がおかしい。判決は極めて当然の判断と受け止めている」とのコメントを発表した。






そうです!アタリマエなんですね。





ここで一般的に日本人が考える『靖国参拝』についてかいておきます。




日本人からすると、靖国参拝することは国を守るためにまたは国のために戦死した人の慰霊なくして永続的な国の繁栄と発展はないということでしてる事であり、それは思想や宗教には関係ないものです(まあ、お墓参り的なモノです)。戦前の戦死者の慰霊は、たいてい地元の護国神社でやりその後に檀家寺でやり、さらに東京の靖国神社でもまつられたわけです。それが普通だったのです。つまり戦前の戦死者のほとんどは靖国神社にまつられることを当然と思っていたのですから、私たちはそれを尊重しなければなりませんし、国の指導者が靖国神社に参拝するのもごく自然なことです。それを東条英機らA級戦犯が合祀したのことが、韓国や中国には気に食わないらしく、騒いでるだけなんですね。





まあ基本的にヨソの国の首相が、何したって他国から言われる筋合いは無いわけです。





『靖国参拝』は止めろって言ってきてますが、明らかに内政干渉なんですね。




安倍幹事長代理もおっしゃってます。
引用サイト
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050428-00000233-kyodo-pol


中国の反発には「靖国参拝は内政の問題で、内政干渉をすることは日中平和友好条約に反している。信教の自由について互いに言わないことが先進国ではマナーになっている」と反論した。




いけませんね!マナー違反は。



まあ、韓国・中国は何したってどうせ、なんか文句ウダウダ言ってくる国ですし、ワケわかんねーいちゃもんつけて金せびろうとしてるだけなんですね。




小泉首相だって『平和祈願』の思いで靖国参拝してるっつーんだから、別にいいじゃん!って思いますけどね。




韓国・中国では『靖国参拝』が軍国主義の象徴とかほざいてますが、違うんだから文句ねーだろ?あ?
だいたい、中国・韓国国内の教育が間違ってんだっつーの!!!って思いますけどね。






話戻りますが、この3万円ってのがナゾですよね(笑)微妙な金額ですけど。





違憲だけを求める裁判ならまだしも、なんで金の話?









http://blog.with2.net/link.php/70831
posted by tokyo-joker at 03:21| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。