2005年06月04日

【韓日の海上対峙】蔚山海警30人を表彰へ

引用サイト
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/06/03/20050603000045.html




またバカ韓国人どものクソむかつく記事が入ってきました。




上記のサイトによると
今月1日から蔚山(ウルサン)の沖合いで2日間にわたって展開された韓日警備艇の対峙事態と関連し、蔚山海警所属の警察官20人と機動隊 10人の計30人が、海洋警察庁長の表彰を受ける。

 蔚山海警は3日、「事態の初期、蔚山海警警備艇の速やかな対応により、韓国漁民と船を守ることができた。また、韓日間の長期間にわたる海上対置の状況の中、国の自尊心を守った功労を認め海洋警察庁長が表彰者選定を指示した」と明らかにした。

 海洋警察で、1か所から30人がいっぺんに表彰を受けることは異例のことだ。

 李承栽(イ・スンジェ)海洋警察庁長は今月8日、蔚山海警を訪れ職員らを激励し、直接表彰状を渡す予定だ。





まあ記事読めば、常識のある日本人ならかなりムカつきますね!




コレです。『韓国漁民と船を守ることができた』





この漁船の奴らは違法操業20回以上やってる犯罪常習者なんですよ。犯罪者守ってなに表彰してんだよ!!イカレ韓国人ども!!!





漁船の奴ら、日本に謝罪と賠償を要求するとか言ってるようですが、何言ってんだ?殺されなかっただけでもありがたく思えよ!




領海侵犯して不法操業して、謝罪と賠償を要求する??





あ〜〜〜〜マジ、殺して〜〜〜〜〜〜!!!!




やっぱ石原都知事、首相になってもらわなきゃいけないかもしれません。




石原都知事、テレビでも『シナども!』とか『チョン』とか言ってますね。(笑)





もう日本がアカラサマにナメられるのには耐えられません。




石原首相、やっちゃってください(笑)



あと安倍晋三外務大臣、お願いします。





http://blog.with2.net/link.php/70831




posted by tokyo-joker at 17:25| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「性はこれ以上タブーではない」 変化する20代の性文化

引用サイト
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/06/03/20050603000068.html


気になるニュースがありました(笑)



コンドーム装着実習が韓国の大学で行われているようです。



上記の記事によると
「先月11日、学生祭真っ最中の建国(コングク)大学のソウル・キャンパスで開かれたプログラム「避妊、正しく知ろう」

 「空気が入ったら破れやすくなります。端をねじってゆっくり…」女子学生たちが説明に従い、カボチャにコンドームをかぶせていた。キム某さん(女/21)は「恥ずかしいけど実用的だし、必要な内容だと思って参加した」と語った。

 Na世代にとって、性はこれ以上タブーではない。同校の総女子学生会は昨年11月、フェミニズム文化祭で女性用自慰器具の展示会を開いた。

 慶煕(キョンヒ)大学の総女子学生会も昨年末、女学生MT(日本でいう歓迎コンパのような行事)の際に同じような行事を行った。

 「女性も、性欲を解消する方法について知り、楽しむ権利がある」と彼女たちは話す。

 延世(ヨンセ)大学・経営学科4年のナム・ドンウさん(25)は先週、コンドームのビニール包装に蛍光物質を塗り、真っ暗なところでも簡単に探せるアイデアで特許出願を受けた。ナムさんはこのアイデアを4月、「ベンチャー創業論」という授業で初めて提案した。担当のチョン・スンファ教授は「飛ぶように売れる」と激励した。

 「真っ暗なところでコンドームをどこに置いたのか分からなくて、そのまま関係を持ったという友人の話を聞いてびっくりしたんです」ナムさんは、「性文化が開放されているだけに、責任ある若者たちの性生活に役立ちたい」と語った。

 J大学の女子学生パク某さん(26)は2003年10月、学生祭で配布されたパンフレットに「楽しくセックスする方法」という文を載せ、大学街に話題を振りまいた。




 パクさんは、「あなたも一度、こうしてみたら。セックスは楽しい、というふうに書いた」とし、「私の彼氏の周りの人たちは羨ましがっていた」と語った。 パンフレットの最後には、「気になるなら、私のところに来てみたら」と書いたという。

 「ホテルガイド」というインターネット・カフェの会員数は74万800人余り。彼らの平均年齢は27才だ。「Hホテルはベッドのクッションが良くない」「Kモーテルは防音が良い」などなど。ホテルの中を写した写真とともに、様々なホテルの品評会が載っている。大学街のホテルは大型TVやインターネットは当り前。ジェットバスやスパ、ホームシアターを備えているところもある。

 イ某さん(女/21)は「天気の悪い日、外で無駄にお金を使って後で困るより、手軽なホテルでデートするほういい」として「彼氏とホテルに遠足に行く、と言う人もいるぐらい」と語った。

 ソウル・駅三(ヨクサム)洞のSホテル支配人は、「主要客である20代の目線を合わせ、部屋のインテリアを8タイプに分けて飾った」とし「最近は、ホテルの選択権を雰囲気に敏感な女性たちが握っている」と語った。

 A大学の女子大生専用インターネット掲示板に、ある学生が「近頃関係を持つ時、彼が前より無関心になったみたいで悩んでる」と投稿した。この下には、「まずはフィーリングが大事。(セックスを)当然のものと思わないで」「 男がコンドームを嫌がっても、避妊は必ずしなければならない」といったコメントが載せられていた。

 ここには「不感症に対する悩み」 「避妊法」 「自慰行為の方法」など1800件余りの投稿文が掲載されている。

 延世大学の教養科目には「性と人間関係」という講義がある。受講する学生は男女合わせて70人余りになる。彼らは授業中、いろんな色のコンドームを持って「コンドームをすると性的満足感が減るか」 「薄いコンドームを使うと妊娠する確率は高くなるか」といった話を交わした。

 この科目を受け持つ張順福(チャン・スンボク)教授は、「昔は、学生たちが、性関係を持つか持たないかを悩んだものだが、この頃は性経験がある学生たちも多いだけに、情緒的関係や楽しむことに重点を置く、自分なりの性の価値観を持つようになった」と語った。





まあ、言ってることはわかりますけどね。




上記の記事には写真が掲載されていて、『お前に必要か?』と思うような女性も(笑)





あと、気になる部分がありました。




同校の総女子学生会は昨年11月、フェミニズム文化祭で女性用自慰器具の展示会を開いた。






・・・・・・・・え?



展示会!?(爆)



コレってバイブのことですよね?すげーじゃん!!韓国(笑)




日本はここまでいってないと思います。




他にも、韓国女性はコンナこと言ってますね。

 「女性も、性欲を解消する方法について知り、楽しむ権利がある」と彼女たちは話す。





まあ、そうですけどね。いいですけど、別に(笑)



やたら性に関しては前向きじゃん、韓国人。





その前に考えるべきこと、たくさんあるんじゃねーのか?と思いました(笑)






http://blog.with2.net/link.php/70831
posted by tokyo-joker at 16:51| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。