2005年06月21日

「第3の追悼施設検討を」…盧大統領が小泉首相との会談で要請

引用サイト
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=64744&servcode=200§code=200



やるかやらないか騒いでいた日韓首脳会談が昨日なされました。



イマイチですね、ノ・ムヒョン。



国内でほざくテンションよりかなり低め。



上記のサイトによると
盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は20日、日本の小泉純一郎首相に対して「(靖国神社をに代わる)第3の追悼施設検討問題を提起した」と述べた。

盧大統領はこの日、小泉首相と青瓦台(チョンワデ、大統領府)常春斉(サンチュンジェ)で首脳会談を行い、過去の問題や北朝鮮核問題など両国懸案について意見を交換し、このように要求した。

盧大統領は首脳会談が終わった後、緑地園(ノクジウォン)で両国メディアを相手に会談結果を発表し、このように明らかにした。 これに対し小泉首相は「日本の国民世論など諸般事情を考慮して検討する」と述べたと、盧大統領は説明した。

盧大統領は「2時間にわたる会談で1時間50分程度を、歴史問題を中心に、いろいろな観点から対話した」とし、「提起されてきた問題、また提起される可能性がある問題、すなわち歴史を見る基本的認識問題から、靖国神社参拝に関する問題にいたるまで対話をした」と語った。また「第2期歴史共同研究委を発足させ、その下に教科書委員会も新設する」と明らかにした。

核問題に関しては、盧大統領は「平和的解決と外交的努力をずっと続けることで合意した」と話した。

さらに盧大統領は、日本の歴史教科書歪曲に対する深い憂慮の意を伝えた後、両国間の関係悪化を招いたこうした争点懸案に対する、日本側の未来志向的かつ前向きな姿勢を促したことが伝えられた。

小泉首相はこの日、首脳会談の日程を終え、ソウルで1泊した後、21日午前に帰国する予定だ。





前々からニュースなどで言ってた通りで、なにもネタ的にはありません。




小泉の前で火病になったら、すげーおもしろいのに(笑)



2時間のうち、1時間50分を『靖国問題』と『教科書問題』に費やしたんですね。




すんげーくだらねー会談。




こんなのなら、首脳会談なんて必要ないですね。




今回の記事は僕もテンション低めでした(笑)





http://blog.with2.net/link.php/70831
続きを読む


posted by tokyo-joker at 09:50| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。