2005年08月16日

<韓国・北朝鮮>日本の歴史認識批判で共同声明 民間代表団

引用サイト
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050815-00000029-mai-int




最近、こんな南北がどうたらってニュース、多いですね。





上記のサイトによると
 日本の植民地支配からの解放60年を祝う韓国と北朝鮮の共同行事「8・15民族大祝典」に参加している南北各100人の民間代表団は15日、日本による植民地統治時代の弾圧の象徴と言われるソウルの西大門刑務所跡地を訪れ、日本の歴史認識を批判する共同声明を発表した。南北で歩調を合わせ対日批判を強めたと言える。
(毎日新聞) - 8月15日13時19分更新






この記事読んでみての感想は一言で言うと『うざー、朝鮮民族』ですね。





なんなんだ?この民間代表団っての?






ここんとこ、北朝鮮に対しての韓国のスリヨリかた、異常ですよね。





『ボクタチ、仲良しニダ。一緒に日本を敵国とみなそうニダ』って南北朝鮮のやつらが騒いでますね。





韓国は最近、文化や経済が成長してきたって言われてますけど、所詮は北朝鮮のイカレ思想と大差ない狂った民族なんですから、日韓友情とかありえませんね。





南北朝鮮人が敵だってのは、もう十分わかったから、日本との国交断絶を宣言してくれよ!!





http://blog.with2.net/link.php/70831
posted by tokyo-joker at 04:45| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<盧武鉉大統領>光復節式典で演説、対日外交に直接言及せず

引用サイト
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050815-00000015-mai-int




おや?と思いました、このニュース。




上記のサイトによると
【ソウル堀山明子】韓国の盧武鉉(ノムヒョン)大統領は15日午前、ソウル市中心部で開かれた日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の式典で演説し、「親日と反日」「独裁と反独裁」などの国内対立を克服し、国民統合の新しい時代の基礎を築こうと呼びかけた。植民地支配の謝罪や補償を日本に促すなど、対日外交に関する直接の言及はなかった。
 盧大統領は演説で、日本による植民地支配を招いた原因について「国に力がなく内部が分裂していたからだ」と述べ、「帝国主義の秩序」に対抗できなかった当時の国内対立を指摘した。そのうえで、こうした対立構造は現在の社会にも引き継がれており、克服のためには親日行為の究明が必要だと訴えた。
 さらに、親日派が「国と民族を売って所有した財産を子孫が享受している不条理を解消する」と述べ、「親日反民族行為者の財産回収に関する特別法」を制定しようとする国会の動きを支持した。
 盧大統領は、過去の軍事政権による人権侵害の真相究明についても言及し、「国家は自ら進んで真相を明らかにし、謝罪、補償を行う」と被害者救済を積極的に行う決意を示した。
 さらに盧大統領は、政治分野で今も続く地域対立や保革対立を課題として指摘し、「対話と妥協を野合と考える思考が政治を支配しているのも、対決文化の残存物だ」と述べ、国民統合を訴えた。
(毎日新聞) - 8月15日11時21分更新





ん?なんだ?ノ・ムヒョン、らしくねーじゃねーか?(笑)





盧大統領は演説で、日本による植民地支配を招いた原因について「国に力がなく内部が分裂していたからだ」





おお!勉強したのか?ノ・ムヒョン!





やっとわかったようですね(笑)





日本が韓国を併合した当時は、アジアはヨーローッパなどの植民地でした。





日本に併合されたおかげで、他の植民地のように奴隷として扱われなかったんだから、感謝すべきかもしれません。




ノ・ムヒョンもやっとお勉強して、ちょっとはマトモになれたのかもしれません(笑)





でもヤツのことですから、支持率が低下したり自分が捕まりそうになったら、平気で反日政策を声高に叫ぶ可能性も大です。





韓国の大統領は、任期後犯罪者として逮捕されるのが慣例ですから(笑)






http://blog.with2.net/link.php/70831










posted by tokyo-joker at 04:21| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。