2005年12月16日

インド脚光、韓国埋没 アジア勢力図変化 日中印3国時代へ

引用サイト
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051214-00000010-san-int






韓国埋没??ナニナニ?なんですか?と目をひいた記事がありました。






上記のサイトによると
【クアラルンプール=藤本欣也】アジアの勢力図が変わり始めた。域内十六カ国が参加する東アジア首脳会議を十四日に控え、インドが高度経済成長を背景に存在感を強めている。逆に、日本と中国の激しい勢力争いの中で影が薄いのが韓国だ。一九九〇年代以降、域内大国として並び称された日中韓の時代から、日中印の新たな三国時代に移りつつある。
 クアラルンプールの大通りには数多くの韓国の国旗、太極旗がはためいている。盧武鉉大統領の今回のマレーシア訪問が公式訪問を兼ねているためだが、十二日に始まった東南アジア諸国連合(ASEAN)の一連の首脳会議で盧大統領の存在感はほとんどない。
 「北東アジアのバランサー(均衡者)」を自任する盧大統領だが、十二日の中韓首脳会談では、対立する日中間を取り持つこともなく、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を批判する中国の温家宝首相に同調。盧大統領はリーダーシップを発揮できないまま、中国の“対日包囲網”に組み込まれる格好となった。
 九〇年代末、政治・経済・社会の幅広い分野での東アジア協力を唱え、東アジア首脳会議へのレールを敷いた金大中前大統領の指導力とは比べるべくもない。
 逆に、脚光を浴びているのがインドのシン首相だ。十二日、クアラルンプールで開かれたASEANビジネス投資サミットで「わが国の経済成長率は数年内に10%に届くだろう」などと講演し、各国の財界関係者から盛んな拍手を浴びた。
 インドは近年、アジア域内で高まる中国脅威論を利用しながら、中国の対抗勢力としての存在をアピールしている。中国と足並みをそろえたことで存在感が埋没してしまった韓国とは対照的だ。
 経済的にみると、「先進国クラブ」の経済協力開発機構(OECD)に加盟する韓国が先行していた。しかしインドが追い上げ、国内総生産(GDP)は約六千億ドル(二〇〇三年)とほぼ同じ、対ASEAN貿易でも昨年約百八十五億ドルの韓国に対し、インドも約百七十五億ドルと大差はない。
 もっとも、韓国はASEANプラス3(日中韓)のメンバーとして一定の発言力を維持している。しかし、インドもまた、今回のASEANプラス3経済閣僚会議の昼食会に初めて同席が認められるなど、一部でインドを含めた「プラス4」が実現しつつある。
 東南アジアの“指南役”、シンガポールのリー・クアンユー顧問相は、「インドは中国とバランスを取る上で有用だ。中国とインドの影響力は東南アジアに再び広がるだろう。地域に繁栄をもたらすと同時に、パワーゲームを予感させるものだ」とASEANの見方を代弁、中印両国がともに参加する枠組みの重要性を指摘している。
(産経新聞)






なんか自称『バランサー』って自称UFO呼べる人とか自称超能力者と同じように聞こえます(笑)






まあ自称『アジアのバランサー』の韓国が中国の属国に戻るのは時間の問題ってことですね(笑)






実際、インドはITをはじめ経済的にもかなり国力を増してる模様です。





ナニかで読んだんですけど、インドは未だに『カースト制度』が色濃く残っており、それが国内の工業・経済の発展に都合がイイ、縦社会を形成しているようです。






しかし『韓国埋没』には驚きました。さすがは産経新聞。





朝日もこんぐらい書けや。





10年後・20年後・50年後のアジアの勢力図は、今現在とかなり変わっているかもしれません。





韓国が北朝鮮と併合して、社会主義国家になってることに100ペリカ(笑)





http://blog.with2.net/link.php/70831

posted by tokyo-joker at 01:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10712657

この記事へのトラックバック

| 遂にカードOK |スーパープライム グリー
Excerpt: 国産だと思ったら韓国産だったんですね。スッキリした飲み口で私好みでした。以前にスーパープライムを試したところ、とても飲み心地がよかったのですが、今回糖質60%カットの文句に引かれ、このグリーンを試して..
Weblog: アジアがいっぱい
Tracked: 2007-09-08 05:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。