2005年06月04日

「性はこれ以上タブーではない」 変化する20代の性文化

引用サイト
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/06/03/20050603000068.html


気になるニュースがありました(笑)



コンドーム装着実習が韓国の大学で行われているようです。



上記の記事によると
「先月11日、学生祭真っ最中の建国(コングク)大学のソウル・キャンパスで開かれたプログラム「避妊、正しく知ろう」

 「空気が入ったら破れやすくなります。端をねじってゆっくり…」女子学生たちが説明に従い、カボチャにコンドームをかぶせていた。キム某さん(女/21)は「恥ずかしいけど実用的だし、必要な内容だと思って参加した」と語った。

 Na世代にとって、性はこれ以上タブーではない。同校の総女子学生会は昨年11月、フェミニズム文化祭で女性用自慰器具の展示会を開いた。

 慶煕(キョンヒ)大学の総女子学生会も昨年末、女学生MT(日本でいう歓迎コンパのような行事)の際に同じような行事を行った。

 「女性も、性欲を解消する方法について知り、楽しむ権利がある」と彼女たちは話す。

 延世(ヨンセ)大学・経営学科4年のナム・ドンウさん(25)は先週、コンドームのビニール包装に蛍光物質を塗り、真っ暗なところでも簡単に探せるアイデアで特許出願を受けた。ナムさんはこのアイデアを4月、「ベンチャー創業論」という授業で初めて提案した。担当のチョン・スンファ教授は「飛ぶように売れる」と激励した。

 「真っ暗なところでコンドームをどこに置いたのか分からなくて、そのまま関係を持ったという友人の話を聞いてびっくりしたんです」ナムさんは、「性文化が開放されているだけに、責任ある若者たちの性生活に役立ちたい」と語った。

 J大学の女子学生パク某さん(26)は2003年10月、学生祭で配布されたパンフレットに「楽しくセックスする方法」という文を載せ、大学街に話題を振りまいた。




 パクさんは、「あなたも一度、こうしてみたら。セックスは楽しい、というふうに書いた」とし、「私の彼氏の周りの人たちは羨ましがっていた」と語った。 パンフレットの最後には、「気になるなら、私のところに来てみたら」と書いたという。

 「ホテルガイド」というインターネット・カフェの会員数は74万800人余り。彼らの平均年齢は27才だ。「Hホテルはベッドのクッションが良くない」「Kモーテルは防音が良い」などなど。ホテルの中を写した写真とともに、様々なホテルの品評会が載っている。大学街のホテルは大型TVやインターネットは当り前。ジェットバスやスパ、ホームシアターを備えているところもある。

 イ某さん(女/21)は「天気の悪い日、外で無駄にお金を使って後で困るより、手軽なホテルでデートするほういい」として「彼氏とホテルに遠足に行く、と言う人もいるぐらい」と語った。

 ソウル・駅三(ヨクサム)洞のSホテル支配人は、「主要客である20代の目線を合わせ、部屋のインテリアを8タイプに分けて飾った」とし「最近は、ホテルの選択権を雰囲気に敏感な女性たちが握っている」と語った。

 A大学の女子大生専用インターネット掲示板に、ある学生が「近頃関係を持つ時、彼が前より無関心になったみたいで悩んでる」と投稿した。この下には、「まずはフィーリングが大事。(セックスを)当然のものと思わないで」「 男がコンドームを嫌がっても、避妊は必ずしなければならない」といったコメントが載せられていた。

 ここには「不感症に対する悩み」 「避妊法」 「自慰行為の方法」など1800件余りの投稿文が掲載されている。

 延世大学の教養科目には「性と人間関係」という講義がある。受講する学生は男女合わせて70人余りになる。彼らは授業中、いろんな色のコンドームを持って「コンドームをすると性的満足感が減るか」 「薄いコンドームを使うと妊娠する確率は高くなるか」といった話を交わした。

 この科目を受け持つ張順福(チャン・スンボク)教授は、「昔は、学生たちが、性関係を持つか持たないかを悩んだものだが、この頃は性経験がある学生たちも多いだけに、情緒的関係や楽しむことに重点を置く、自分なりの性の価値観を持つようになった」と語った。





まあ、言ってることはわかりますけどね。




上記の記事には写真が掲載されていて、『お前に必要か?』と思うような女性も(笑)





あと、気になる部分がありました。




同校の総女子学生会は昨年11月、フェミニズム文化祭で女性用自慰器具の展示会を開いた。






・・・・・・・・え?



展示会!?(爆)



コレってバイブのことですよね?すげーじゃん!!韓国(笑)




日本はここまでいってないと思います。




他にも、韓国女性はコンナこと言ってますね。

 「女性も、性欲を解消する方法について知り、楽しむ権利がある」と彼女たちは話す。





まあ、そうですけどね。いいですけど、別に(笑)



やたら性に関しては前向きじゃん、韓国人。





その前に考えるべきこと、たくさんあるんじゃねーのか?と思いました(笑)






http://blog.with2.net/link.php/70831


posted by tokyo-joker at 16:51| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サルに自慰を教えると死ぬまでやると言う話は私が学生時代の遠い昔から言い伝えられております。この記事を見てそれを思い出しました。
Posted by さとかず at 2005年06月04日 22:34
韓国は中絶率、異常に高いみたいですよ。避妊なんて考えずに致すそうですから。まぁ、女性蔑視な風土があるから、避妊なんて事、男性もあまり考えないのかもしれません。
どうでもいいですが、暗闇で光るコンドームって原宿のコンドームショップに昔あったキガス・・・。そんな事で特許出願って・・・お得意のパクリ?と思いました。

>さとかずさん
自分もその事を思い出しました。
Posted by チラシ at 2005年06月05日 00:24
こんにちは。

腹がよじれますので辛口コメントご勘弁下さい。朝鮮日報の三文記事で笑うよりtokyo-jokerさんのコメントで不覚にも爆笑させられてしまいます。

韓国はワンステップずつと言う物が非常に苦手です。なんでも飛躍させて事を捉える為、この自慰器具に関しても、自慰を推奨する動きに関してもいきなり出てくるのでしょう。今までは性に関する話もダメだとしていた国なのですけどね。せっかちなのはどうしようもないと言った所なのでしょうね。
Posted by Christopher at 2005年06月05日 12:03
簡単で楽な部分だけ先進国入りしたがるところが情けないですね。
若いモンがこんなことじゃ将来は真っ暗。
「こんな風になっちゃおしまいよ」と言うときの悪い手本そのもののお国柄だと思いました。
Posted by memo at 2005年06月06日 10:03
>さとかずさん

僕もそのネタ知ってましたが、ちょっと想像はできなかったです(笑) 展示会ってとこで、展示即売会?と思いましたけど(汗)

>チラシさん

中絶率について、どっかで見たような気がします。今度、チェックして記事にしてみます。原宿のコンドームショップって、あのカドにある店ですよね?まだあるんでしょうか?すごい遠い記憶ですけど、蛍光の黄色のやつがあったような・・・・・・・。


>Christopherさん

こんにちは。

いや〜、この記事見たときびっくりしましたよ(笑)しかも、なんかうれしそうにコンドーム装着実習に笑顔で勤しんでいる写真つきで。コレは日本でもある可能性がありますが、バイブの展示会っていうのは中々ないと思いますよ。性に関しては先進国?って思っちゃいました(笑)

>memoさん

そうですすね。もう韓国の人の思考自体が病的ですよね。 それを先導する政府やマスコミにも問題があると思いますが。
Posted by tokyo-joker at 2005年06月06日 14:00
>J大学の女子学生パク某さん(26)
↑これは
sexのことばっか考えてるから4回も留年すんだよ。
なのか、
大学院4年もいっててsexのことしか考えてないのかお前は!
なのかが気になります。
Posted by saito at 2005年06月08日 14:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。