2005年10月05日

韓国の弁護士会、北人権改善へ宣言文 政権の消極姿勢批判

引用サイト
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/kokusai/20051005/m20051005014.html





韓国では珍しくマトモな意見です。





現在進行形の人権ゼロの北朝鮮に対して、韓国の弁護士会が言及せよって言ってるみたいですね。





上記のサイトによると
【ソウル=久保田るり子】韓国の盧武鉉政権は北朝鮮の人権問題をめぐり、国連人権委員会の北朝鮮人権決議案採決にも「南北関係の特殊性」を理由に棄権するなど消極的な立場だが、政府の対応を不満として韓国最大の弁護士会が北朝鮮の人権状況改善運動に立ち上がった。

 「ソウル弁護士会」(李俊範会長)は韓国で約七千人の弁護士のうち約五千人が所属する団体だが、九月下旬の創立九十八周年記念日に「北朝鮮人権問題シンポジウム」を開き、「北朝鮮人権改善を追求するわれわれの立場」とする宣言文を発表した。宣言文は「政府は北朝鮮の人権について、支援を通じた生存権としての人権問題を解決した後、政治的な人権問題に接近すべきだとの段階論だが、これは過去の軍事独裁政権が経済発展や戦争の脅威を口実に人権を弾圧したのと軌を一にする危険な発想だ」と盧政権を批判した。


 同弁護士会の李白洙総務理事は「北朝鮮の人権問題は深刻だが(韓国の)知識人はほとんどそれについて発言しない。南北交流をしながら、支援は支援として、独裁政権に反対する、いわゆる北朝鮮の“敵対勢力”の人権にも言及しなくてはならない」と話す。


 同弁護士会は脱北者の法律支援などを行っており、今回改めて「宣言」を出したのは、政府の統一政策の進行状況から、「発言すべき時期が来た」と判断したからだという。今後は脱北者の難民認定に向けた国際的な運動、韓国内の子供たちに北朝鮮の実態を教える活動などを計画中だ。







韓国は北朝鮮のイカれているとこ追求しないで、支援や援助ばっかしているタダのみつぐ君みたいな存在だったと思っていましたが、オカシイと思った人がちょっとはいたようです。





ノ・ムヒョン筆頭に政府は完全にアタマイカれてますから




韓国って政権交代ごとに政府方針が変わっていくんですからね。




国際的に信用されないのあたりまえですね。





支持率が下がると反日を騒いで、謝罪と賠償を要求するというウザさ100%のキチガイ永久ループの発生です。






しかしアホな政府ですね。





日本の小学生ですら、韓国の矛盾に簡単に気付いてあきれ果てるという状態(笑)





どんな政府だよ・・・・・マジ狂ってる。




http://blog.with2.net/link.php/70831


posted by tokyo-joker at 03:36| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
別冊宝島より『マンガ嫌韓流の真実!』が発売(10/21)

http://tkj.jp/tkj/news/

<以下引用>
マンガ嫌韓流の真実!
10月21日発売 予価900円  異色のベストセラーで描かれたことは、
どこまで真実なのか? 何を描いていないのか?
異例のベストセラーとなった「マンガ嫌韓流」で描かれたことは、
どこまで真実なのか?本書では、「マンガ嫌韓流」を検証しつつ、
同書が描けなかった、韓国と在日にまつわる
さらにディープな事実を掘り下げる。
「嫌韓流」を既に読んだ人、まだ読んでいない人、
韓流ブームに反発する人々にも納得できる内容。
ゆがんだ日韓関係に疑問を持ち続ける老若男女必読の書!
Posted by 別冊宝島より『マンガ嫌韓流の真実!』が発売(10/21) at 2005年10月06日 19:39
金正日政権が潰れると、
大量の北朝鮮人民が難民化します。
IMFの世話になるほどビンボーな韓国は、
難民化した北朝鮮人民を世話しきれません。
なので、太陽政策なる奇策をもって、
必死こいて北朝鮮(金正日)を支援して、
北朝鮮人民の難民化を阻止しているわけですが、
そんな状態が続く限り、
北朝鮮人民は圧制に苦しめられ続けます。
つまり、北朝鮮の人権問題は、
韓国によって助長されているのです。
もちろん、韓国もこのことは承知のうえです。
でも、

北チョン人民なんか、
どーなろうが知ったことないニダ<ヽ`凵L>、ペッ
ゥリナラに難民が来ないなら、
金正日だってマンセーしてやるニダ<ヽ`∀´>ニダリ

と、こーいうコトなんでしょうけど、
仮にも人道支援を謳う太陽政策に対し、
国際社会は表立った批判ができずにいます。
北朝鮮の人権弾圧を助長しながらも、
人道支援策だと大威張りできる太陽政策は、
数少ない韓国ォリジナルと言えるでしょう。
Posted by タロ兄ィ at 2005年10月07日 02:29
大統領自身が左翼運動家であることはよく知られていますが、

日本人が知らない二つのアメリカ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4884710665/

によると父親が北の工作員かなんだからしいです。

そういうのが大統領に選ばれる韓国の現状はもう終わりでしょう。

まあ日本も首相選挙制だったら土井たか子などがなってた可能性もあり、反面教師として気を引き締めないとならないと思うな。
Posted by Autumn at 2005年10月09日 05:09
>タロ兄ィ さん

おっしゃる通りですね。北朝鮮の人権問題に対して韓国政府が警告や忠告を、南北朝鮮会議とかでさえ、ツッコンでませんからね。楽勝でスルーしていますね。ある意味、韓国でさえ『人権』というものが、今だに確立されていないような気がします。

>Autumnさん

この本は知りませんでした。今度、チェックしてみます。

Posted by tokyo-joker at 2005年10月17日 23:22
最近の台湾の教科書について

慰安婦の記述

「マンガ嫌韓流」や
「マンガ嫌韓流の真実」でも慰安婦に関して取り上げている様ですが

最近の、台湾の教科書でも、2社3種類の教科書に慰安婦についての
記載がされています。

以下のHPに
國中(9年一貫の7,8,9學年)の検定教科書の
内容を紹介していますので ご参考になれば幸いです。

http://bbs.com.nifty.com/mes/cf_wrent/FREKISHI_B031
 Bar HISTORIA(フリートーク)

( 翻訳は大体ですので、原文の画像も添付して
  ありますので併せてご参照ください。)
Posted by グリーン中山 at 2005年10月28日 13:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

韓国の中の良心
Excerpt:  とかく親北朝鮮ばかりが叫ばれる近年の韓国にあって、それとは逆の動きがあることは、やはり韓国にも良識派が確かに存在していることを感じさせ、もともとこの国が共産主義に対する盾であることを再認識させてくれ..
Weblog: 外交のファンタジスタ
Tracked: 2005-10-05 15:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。