2005年11月08日

韓国、北朝鮮人権問題めぐる国連決議を再び棄権か (ロイター)

引用サイト
http://news.www.infoseek.co.jp/world/story.html?q=06reutersJAPAN193076&cat=17






また韓国がクソみたいなマネを世界に知らしめてる模様です。






上記のサイトによると
[ソウル 6日 ロイター] 韓国政府当局者は週末、北朝鮮の人権侵害を非難する国連決議について、棄権する可能性が高いとの見通しを示した。一方、これについて野党の政治家は政府が二重基準(ダブルスタンダード)を用いていると批判している。


 欧州連合(EU)はこの問題についての国連総会で投票を月内に行いたい意向だが、投票日は決まっていない。

 韓国は4月にジュネーブで開かれた国連人権委員会での同様の決議も棄権している。

 アナリストらは、韓国は6カ国協議に参加していることもあり、人権侵害の疑いで非難する象徴的な決議によって北朝鮮の反感を買うことは望んでいないとみている。

 南北関係に精通している韓国の政府当局者は週末、4月の国連人権委員会で北朝鮮の人権侵害を非難する決議に韓国が棄権して以来、政府にスタンスの変更を迫るような状況の変化はほとんどないと述べ、再び棄権する可能性を示唆した。









反感買っちゃいけねーの?韓国






ほんと、どーしよーもねー国ですね!






太陽政策とかいうバカみたいな政策で、北朝鮮にすりよる韓国。






これじゃあ、アメリカおろか他の国でさえ『韓国も所詮、イカレ民族か』って理解できますね。







だれが聞いても『恥知らず韓国』ってアカラサマですね。






キチガイ北朝鮮政府に、おべっかばかり使う韓国



なんかいじめっ子にいい様に使われている、ツカイッパ的なイメージです、韓国(笑)






6カ国協議でも批判はせずに、北朝鮮の援護射撃的な発言や食料の援助。






韓国は黙って、寄生虫キムチ一気食いしてろ!








それでもなんにもなかったりして(笑)








http://blog.with2.net/link.php/70831

posted by tokyo-joker at 00:52| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
身内に甘いということは、自浄能力の欠如を海外に知らしめているということですね。

五年くらい前までは、韓国がもっと良い国(まともな国)になることを願っていたものですが、今ではそんな気持ちもなくなりました。

これからも国家として立派な行動などせず、棄権でも何でもして、海外から軽蔑されまくって欲しいところです。
Posted by さとー at 2005年11月08日 06:55
彼の国馬鹿ん国は朽ち去るのみでしょうなあ。

自業自得ですから。

日本は手出し無用、傍観するのみでよし。
Posted by 通りすがり at 2005年11月09日 11:52
こんにちは。
何時もここ見てるのですが、新しい記事を見る度にムカつきますね。勿論、「バ韓国」にですがw

管理人さん頑張ってくださいね!応援してます!!
Posted by とんぼ at 2005年11月18日 18:55
>さとーさん

まあ、韓国の馬鹿さ加減はノ・ムヒョン政権になって顕著に表れましたね。太陽政策だか意味不明な政策とって、世界の国々を敵にまわしたいんでしょうか?


>通りすがり さん

ソノ通りですね。日本は朝鮮半島のヤツラとは、国交なんて必要ありませんし、日本政府もシカトして欲しいですね。


> とんぼさん

はじめまして。ありがとうございます。
韓国人がいつまでも、馬鹿丸出しで『謝罪と賠償と要求汁!』って聞くたんび、イラってきますね(笑)
Posted by tokyo-joker at 2005年11月21日 23:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9085662

この記事へのトラックバック

【中共の犬】何処に言っても妄言オカラ、中共の「靖国」批判に意気投合【オカラ登場(・∀・)ノィョ-ゥ☆】
Excerpt: 中共が小泉政権をして「米国の愛人」と評したようですが、久しぶりに登場のオカラも「中共のM奴隷」だ罠wwwと。 オカラ、久しぶりのメディア登場で、何処でナニしてんのかと思ったら、中共にケツ掘られに行って..
Weblog: チラシの裏
Tracked: 2005-11-17 22:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。